admin のすべての投稿

身命を愛せず 無上道を惜しむ

 春の始の御悦びを申し上げます。

 今のこの状況が始まってから、二年が経ちました。この間に総理大臣が二回代わりましたが、政権に変化はありません。イギリスでは保守党と労働党、アメリカでは民主党と共和党が二大政党で政権交代が行われます。日本では戦前の一九三〇年前後に立憲政友会と立憲民政党が並立したことがありましたが、わずかな期間であり、五・一五事件の軍事クーデターによって政党内閣は崩壊しました。その後は近衛文麿を除くと軍人出身の首相が続き、敗戦を迎えます。戦後は象徴天皇制となり、選挙制度も変わり民主主義は大きく前進しました。しかし、五十五年体制は自民党と社会党による二大政党制のようですが、万年野党と言われたように、政権交代は起こりませんでした。二十一世紀となると、中選挙区制から小選挙区比例代表並立制になり、政権交代しやすい選挙制度が「衆参のねじれ」を生み、比較的短命な政権が「決められない政治」と「国際的地位の低下」をもたらしたかのようになりました。二〇一一年の東日本大震災と福島第一原発事故は、翌年には民主党政権を吹っ飛ばしました。

 それから十年が今の姿です。コロナ禍は政治社会に大きな影響を及ぼしていますが、更に個々人や家族という単位へものすごく大きな影響を与えつつあります。もう他人事ではなく、自分ごととして考えざるを得ない機会を与えてくれています。日蓮聖人は『立正安国論』にこのように書かれています。

  世皆正(よみなせい)に背き、人悉く邪に帰す。故に善神は国を捨て去り聖人は所を辞して還らず。是を以て魔来たり鬼来たりて、災難並び起こる。

  仏法隠没(おんもつ)せば~衆生及び寿命色力威楽減じ、人天の楽を遠離し、皆悉く悪道に堕せん。

  法華経に云く、我身命を愛せず、但(ただ)無上道を惜しむと。

  国は法に依って昌(さか)え、法は人に因って貴し。国亡び人滅せば仏を誰か崇むべき。法をば誰か信ずべきや。先づ国家を祈って須(すべか)らく仏法を立つべし。

 どんな国というよりも、どんな社会であったらいいのか、どんな暮らしがしたいのかを主体的に考える人が増えていくことでしょう。ただし、七六〇年前に言われたように「身命を愛せず 無上道を惜しむ」と次世代に持続可能な社会となることを期待します。

 皆様が心穏やかに本年一年を過ごせますよう、元旦より祈念しております。

「延寿」379号 掲載

謹賀新年

 春の始の御悦びを申し上げます

 何の根拠もありませんが、「コロナ禍」が収束したような気分になっています。「非常事態宣言」は九月三十日に解除され、リバウンド防止のための施策も段階的に現状を確認しながら緩和されてきました。日本だけがなぜか鎖国をしているように安穏に恵まれていることが不思議でなりません。それでも、この状況が始まってから既に丸二年が経ち、換気は常に必要でしょうが、人と人との接触をいつまで制限し続けなければならないのかと、贅沢にも考えてしまいます。

 夕方から一人で呑みに行くことが全く無くなっていましたが、久しぶりに出かけたところ、常連さんたちと会い、お互いに知ったもの同士で飲むのは安心だよね、となりました。甲州街道の並木がきれいですよね、と会話が続きます。昔の八王子は十一月中には落葉していたんじゃないかな?暖かくなったねと。この二年の様子から、二〜三十年の話しになり、さらに、太平洋戦争開戦から八十年だってねとなりました。コロナで萎縮した見方から開放され、過去を振り返り、未来の僥倖を想像する元の生活に一時ですが戻れたようでした。

 個々人の自由を尊重する態度が家族の形態をも変えてきました。日々の暮らしの中では好都合なことが多いようにも思います。しかし、いつ起こるともわからない災害時のことを思うと、日々の生活から培われる「共助」がないと、「自助」や「公助」だけではどうにもなりません。ソーシャルディスタンスという言葉が一般化した今、改めてお寺こそがいい距離感の場となり、僧侶からいいお節介ができないかと考え、他者を仲間として身近に感じる空間を作っていきたいと思っています。

 この原稿は皆さまが穏やかに新年を迎えることを祈りつつ、十二月十二日に書いています。元旦から十日間の「七福神めぐり」にはお寺におりますので、ご挨拶をさせていただきます。

「山風」 89号 掲載

新年七福神めぐりを開催いたします

開催期間1月1日(土)〜1月10日(月)、受付時間9時〜17時まで

八王子七福神めぐりであたらしい一年を。
ご自身やご家族、ご縁のある方々の無事息災・厄除けなどご祈願にお参りください。
初詣ご巡拝、心よりお待ちしております。

詳しい内容は八王子七福神HPをごらんください。
https://hachihukujin.net/r4-new-years-information/

JR東日本「中央線が好きだ」にて八王子七福神が1月1日に紹介予定です。そちらもあわせてご確認ください。
https://chuosuki.jp/

また、本立寺では1月3日(月)11時より本堂にて八王子芸者による奉納舞を奉行いたします。(申し込み先着順)
みなさまのご参加おまちしてります。

八王子市から表彰されました

 令和3年11月27日に行われました八王子市親切会表彰式典において、『新型コロナウイルスワクチン接種のネット予約のサポート』について表彰して頂きました。本来、昨年度までの親切行為について表彰するものでありますが、特別に本年度5月からの行為を表彰して頂き大変光栄に思っております。
 お寺といたしましては、これからも地域の方との交流を大切にしていきます。

山務員・随身生 募集

現在、山務員4人・随身生2人、23歳から79歳まで
幅広い年代で共に法務を行っています。
日蓮宗僧侶の資質向上を目指しています。

お寺の法務や事務の経験を積みたい方
スキルアップしたい方を募集しています。

   山崎勲介上人(八王子市出身)

【条件】
 在家、お寺の子息関係なく、日蓮宗僧籍資格を
有していれば受け入れます。
半年間を試用期間とし、採用の有無を判断します。
応募の際は必ず師僧の推薦書を添付してください。
既婚者や女性も歓迎します。

【待遇】
 基本給+法事・葬儀の出座の歩合給が支給。賞与年2回。休みは週1回に加え、有給を年間30日取得可能。食事付き。原則下宿(僧坊)で、通勤を希望の場合は要相談となります。
将来住職になるお寺をお探しの方は、優秀と認めれば推薦(紹介)します。
荒行堂への入行も可能です。※要相談
休暇を利用して宗門関係期間が実施している講習会に参加できます。

【内容】
 基本勤務時間は8時30分〜15時です。ローテーションで行う当番の日は20時まで(翌日は13時まで)となります。
※6時30分からの掃除、7時からの朝勤は就業時間に含めません。
事務・受付・法要・棚経(年4回)・塔婆書き・行事運営・掃除・調理補などに従事し、法事・葬儀に出座、また読誦行、読経教室や写経会などの講師を務める。地域活動やNPO活動に参加することもできます。

 高校・大学に通学しながらお寺で寝食し、お給仕します。
 読経考査・信行道場入場に向けた準備ができます。

立正大学4年 坂井泰法 (新潟県出身)

【坂井法師のコメント】
 今年度春より、本立寺に随身させて頂いております。
今まで僧道修行の経験が無いことや学業との両立など心配もありましたが、御前様をはじめ先輩上人のご指導の元読経考査に合格し、学業優先で大学の単位も全て取得できました。
また、お寺で生活することで年間行事への参加や日々の事務作業、お檀家さんや地域の方との交流など様々なことを経験しています。
将来自坊に帰った時、必要な経験・知識を養えています。

【条件】
 お寺の子息関係なく、お檀家さんのご家庭から八王子周辺の高校や大学に通学中・通学予定・卒業後の方で、近い将来日蓮宗の僧侶資格を取得する方に限ります。
※読経(一部経、要品)、声明などの手ほどきをするので経験がなくても大丈夫です。

【待遇】
 学費・通学費の補助・法礼(平均7〜8万円程度)を支給。食事付き。(家賃・食費等生活費の負担はほとんどありません)
門限はありませんが翌日の法務に支障がないよう、日々の生活は節度を守って頂きます。
年6週間(春2週間・夏2週間・冬1週間・他1週間)の休暇があります。
例:立正大学生の場合、学費半額・通学費の全額を支給。食費は通学時を除いてかかりません。大学の講義が1時限目の場合、朝のお勤めには参加せず大学優先で通学します。

【内容】
 事務・受付・法要・棚経(年4回)・行事運営補助・調理補助・掃除など。毎朝6時半より山内清掃、7時からの朝勤は必須(通学優先)

 境内にある住居施設(僧坊)で下宿します。部屋は原則個室で、門限はありません。エアコン・Wi-Fiを完備しています。風呂・トイレ・洗濯機・キッチンは共同です。家賃や水道代、電気代などは不要です。

                僧坊外観
              室内
          脱衣所・お風呂

○質問・ご相談ございましたらお電話・メール・LINEにて気軽にご連絡下さい。

電話番号:0426-22-2262
メールアドレス:honryuji@oak.ocn.ne.jp
LINE ID:@233npxxc

※山務員・随身生から直接話しを聞きたい等、ご気軽にお申し付け下さい。

11月の「秋の七福神めぐり」限定御朱印を開催いたします

10/23日に開催されました「秋の八王子七福神めぐり」は盛況にて無事終了いたしました。
11月も開催いたしますので、ご都合・ご予定合わなかった方も是非お越しください。

見開きサイズ(A5判)の限定御朱印紙に各尊のはんこを押し、秋の八王子をめぐります。
当日11/20(土)・21(日)は、第42回「八王子いちょう祭り」が開催されます。

限定御朱印は八ヶ寺、どのお寺からスタートしても構いません。
八ヶ寺をめぐり、最後のお寺で八角形の金印(はんこ)を押してもらい、満願。

11月は8カ寺めぐった満願の八角形金印が変わります。

各お寺の七福神から1字をとった金印をご用意いたしました。
押してもらいたい文字のお寺を最後にめぐり、永くつづく福徳とご利益をお受け取りください。
※各お寺金印の文字はこちらから

公式LINEへの登録、またInstagramハッシュタグの投稿、Twitterハッシュタグ投稿を頂いた方に特典ポストカードをご用意しております。

#八王子七福神めぐり#秋の八王子七福神めぐり

特典のお渡しは傳法院(恵比寿天)にて行っております。
傳法院受付にて登録、また投稿が分かるスマホ画面をご提示ください。
※お渡しは傳法院1箇所でのみ行っております。
※お一人1点のみ、LINE・Instagram・Twitter、複数おこなって頂いた方でも1点のお渡しとなります。

八王子七福神巡り公式Instagram
https://www.instagram.com/hachifukujinmeguri/

八王子七福神巡り公式Twitter
https://twitter.com/88fukujin

八王子七福神巡り公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40846jvdxr

八王子七福神めぐり公式HPをごらんくださいhttps://hachihukujin.net/

本立寺が各メディアに掲載されました

都市出版『東京人』12月号 49Pに掲載
〜境内・寺有地を地域に開く。〜
本立寺が寺有地である土地にプレパークを作った
こと等が注目されています。

八王子版『タウンニュース』11月4日号掲載
〜「寺、巡りやすい」〜
10月23日に行われた、「秋の限定八王子七福神めぐり」
について掲載されました。
11月20/21日にも再度開催予定です。