「住職の雑感」カテゴリーアーカイブ

ヴァガボンド

 九月十日に住職を引継ぐための儀式(法燈継承式)を滞りなく行うことができました(本紙二頁参照)。日蓮宗から辞令が下りたのは三月三十一日で、実際に職に就いたのは四月十二日でした。年に一度の役員会、毎月の定例行事、日々の事務や法務などを、従前から勤める僧侶や職員に支えられ神輿に乗るように進めています(ありがたいことです)。

 着任して初めにしたことは、本堂の燭火を洋から和へ変えることでした。和ロウソクは洋ロウソクよりも燈に動きがあり、急に立ち上がる炎は、人間に心地よさや快適を与えるとされる1/fのゆらぎで、背景に映す陰影とともに「心のやすらぎ」をもたらします。

 さて、住職とはどのようにあるべきでしょうか。寺に居る、仏事を主宰する、寺の維持に責任をもつなどなど。しかしながら、最も大切なことは『法華経』を弘通することへの専心。そしてそれには僧俗いずれからも支援者・共感者を得、弟子を養い、継承者を得る努力をし続けなければなりません。となると、寺に逼塞しているわけにもいかず、むしろヴァガボンド(放浪者)の気分を持ち続けるべきではないか、と私は思うのです。寅次郎は諸国で露天商を生業とし、時折、柴又の「寅屋」に帰ります。回りの人たちも跡取りとして遇し、妹サクラの夫ヒロシが立場を奪うことはありません。とてもとても寅さんになれるわけもありませんが、寺や町へ外からの空気を吹き込み、安心で寛げるお寺作りを行ってまいります。

 お檀家の方々には寛容に、どうぞよろしくお願いいたします。

(本立寺主催の旅行案内【山登り】【荒行堂ご祈祷】を同封しました。一緒に旅行に行きましょう)

「山風」76号 掲載

適当に そして 適当に

 まずは檀家の皆様に謝罪(社会的な罪を犯したわけではありませんが)。

 一昨年までは「延寿院住職+新宿常円寺執事長」。昨年からは「延寿院住職+新宿常円寺執事長+京都法音院住職」。今年からは「延寿院住職+京都法音院住職+八王子本立寺住職+八王子明月教会担任」。その他にも従来から、NPO法人代表・公益財団事務所長・教化センター長などを務め寺を留守にすることが多く、家族にも負担をかけてきました。この度の本立寺住職就任によって、家族ともども居を移し、ますます不在がちとなりました。見かねた石屋の麻生さんが手弁当で墓地の掃除をしてくれたり、NPOの白石さんが今までに増してよくやってくれています。私も一つの体をいくつにも引き裂いてやるつもりでしたが、引き裂くこともできず、ほぼ毎朝五時半からお経をあげ境内の掃除をし、七時までには本立寺に戻り朝勤を務めることにしています。その際の励みはノラ猫たちが出迎えてくれていることです(正確に言えばエサをくれる私を待っているだけのことですが)。

 主に八王子・新宿・京都を仕事で移動していますが、有難いことは、それぞれの場所で新しい発見や出会いがあり、それらが更に新しい繋がりを作っていってくれています。そして、皆が好意的にしかも期待を持って迎えてくれています。もちろん旧知の方々も今まで同様かそれ以上に働いてくれています。私が学生の頃に一緒に住んでいた祖父から、「『行間を読む』という言葉を知っているか?」と突然訊ねられたことがありました。今でもその時のことを憶えているということは、そのときに於いては知らなかったのか、知っていたとしてもあまり意味を理解していなかったのでしょう。それから三十年以上が経ち、今は字面を追うだけではなく、少しは感じられるようになったのではないかと思います。ある人のある言葉から扉が開かれることがあります。意図をしたとしてもその意図がそのままに伝わるとは限りませんし、まったく意図に反することも多いことでしょう。共鳴・共感するには共通の環境や土台が必要なのでしょう。『行間を読む』という積極的な態度と、その上でも成るようにしか成らないし、成るべくして成ることもある、という流水に我が身を委ねる気分が大切なのだと思うようになってきました。お檀家の皆さんからすれば「そんな諦観では困るよ」というお声が聞こえてきそうですが、総代・世話人の役員の皆さんが相当の心配をしてくださっていることに感謝をし勇気付けられています。

 将来への責任は勿論果たします。しばらくのご猶予をくださるようお願い申し上げます。

 今月はお盆を迎えます。十三日~十六日、ご先祖さまがお戻りになります。丁重にお迎えし今在るご自身・家族に感謝する機会になさってください。

「延寿」358号 掲載

NPO会報によせて

6月18日に近畿地方で大きな地震がありました。第一報が『大阪大地震』という物々しさでしたから、その日は続報を注意していました。早速京都の住職をしている寺には連絡を取ることができ、無事の安否を確認し、個人的には安堵をしました。翌日の夜はサッカー・ワールドカップに出場している日本の初戦が南米コロンビアとあり、私が帰宅したときには丁度終了していましたが、『金星』と言われる戦いをしました。同日には「加計学園」の理事長の緊急会見があったようで、人々の関心事の目まぐるしさは大変なことになっていたでしょう。

 ご報告の通り、私は「東京里山墓苑」がある延寿院の他に、同市内の本立寺の住職になりました。檀家も多く、長年続けている伝統行事もあり、年初の「八王子七福神廻り」には1万人もが参詣してくださり、ありがたい事にはそれらを僧侶など職員が手伝ってくれます。また、広い敷地の管理をしなくてはなりません。「ぜいたくな苦労ですね」と言われますが、これらを「守る」ということは住職に就任した以上は他人事ではありません。

多くのニュースから様々な事象を参考にし、自らの振る舞いに活かしていこうと思います。一例で言えば、寺には数百メートルもの塀が架かっています。これが「もしも」のときに、安全を「守る」ものでなければなりません。今年度もまた、関わっている人や事が「ループしてワーク」していくように一路精進してまいります。

「Lotus News」 30号掲載

近況のご報告

 延寿院 お檀家の皆様

 春のお彼岸法要(三月二十五日)にいらした方々には、私から直接お話をし、また、檀家総代様からもご説明をしていただきました。

 私が当院に赴任したのは平成八年二月のことで、以来、檀家祖霊のご供養を怠らず、寺観の整備、ひたすらに将来の寺院維持への備えをしてまいりました。

 外での仕事や責任が増え、新宿常円寺、法縁、京都本山、財団などの事務運営を担い、宗門では東京都西部教化センター長、現代宗教研究所嘱託を務めています。自らはNPO法人を設立し、寺院と地域が連携することで寺の社会化を模索しています。昨年からは檀家が離散し廃屋と化した京都法音院の復興を拝命し、住職に就任しました。

 この度(今年二月末)、さらに本立寺(八王子市上野町 檀家数八百軒余 私が生れ育った寺)への住職就任要請があり、関係各位と協議の結果、延寿院住職を兼務することを条件にお引き受けすることといたしました。住職になって二十三年目、結婚して二十年。今までになく大きな転機を迎えることとなります。私には子供が四人おります。それぞれの就学の都合で駅に近い本立寺を生活の拠点とすることとし、四月中旬より少しづつ必要な物を移しています。

 心配なことは延寿院の管理とご法要で、セキュリティや連絡受付方法は順次改善していきますが、当面、私の携帯電話にお掛けください。連休が終わり、新しい生活のリズムが調いつつあります。毎朝五時半からの勤行と掃除を続けています。ご不便やらご心配をお掛けすることもありますが、次世代への継承を一番と念頭に置きつつ、今しばらくは祖霊へのご奉仕と延寿院の隆盛に向かっての取り組みを委ねていただきたく、お願いいたします。

 心配なことは延寿院の管理とご法要で、セキュリティや連絡受付方法は順次改善していきますが、当面、私の携帯電話にお掛けください。連休が終わり、新しい生活のリズムが調いつつあります。毎朝五時半からの勤行と掃除を続けています。ご不便やらご心配をお掛けすることもありますが、次世代への継承を一番と念頭に置きつつ、今しばらくは祖霊へのご奉仕と延寿院の隆盛に向かっての取り組みを委ねていただきたく、お願いいたします。

「延寿」357号

ご挨拶

長光山 本立寺
第30世住職 及川一晋

 僧侶の道を本格的に歩み始めてから30年近くの月日が経ちました。その道が正しのかあるいは間違っているのかを自問自答しながら日々を過ごしてまいりました。その中で正しいと判断できるとすれば、自らが大きな歴史の上に立っているということをどれほど自覚できているか、そして今立っているこの場にかかわっている先輩諸兄や同輩たち、そして僧侶である私を信頼し食わせていただいている檀信徒、さらには生活を共にしている家族(妻と4人の男の子)の話に耳を傾けているかではないでしょうか。

 昭和42(1967)年、八王子市本立寺に生まれた私は、以降高校を卒業するまで本立寺でお世話になりました。当時本立寺は私の父が住職をしていましたが、父の他に修行をしている方が常に2〜3人はいて、中にはベトナム難民と言われたベトナム人僧侶の方がいたりスリランカから来た南方の僧服を着たお坊さまがいたりと、母や兄姉妹と常に大家族で、母はお寺のことお檀家さんのことはもちろん、そうやって修行している方々のお世話に奔走し、家族の暮らしを二の次にせざるをえない様子でした。

 境内は割と広く大きな木が繁り、とは言ってもそれは子供の目であって昭和20(1945)年8月2日「八王子大空襲」で全山灰燼に帰したわけですから、戦後に植えた欅や公孫樹であり、兄や修行に来ているお坊さんとキャチボールをし、近所の子供たちとの遊び場でした。戦後建てた「バラック」と呼んでいた木造住宅(足付きでブルーフィルムのかかった白黒テレビが置いてあり、井戸があって夏になるといただいた西瓜を落として冷やしていました)があった程ですから、周囲の住宅地も未舗装で雨が降ればグチャグチャ、下水も完備されず「ドッポン」式の便所で「汲取り」と言われるバキュームカーが来るような状態でしたからなんとなく臭うわけです。それでも小学校は5クラスもあって、早朝から校庭の陣取り合戦。学校まで歩いて3分の私はよくドッヂボールの線を足で引いてボールに座り仲間が来るのを待っていたものでした。学校の先生からは田舎ですから、「お寺のお坊ちゃん」といった感じで待遇がよく、逆にそのことが嫌であったように思い返されます。同級生と草野球をやり、小学校高学年からはサッカーを始めて高校まで続けました。特に高校時代の練習はきつく、この時に体を鍛えたことがフィジカルの基礎になり、またその時の仲間が、そう会うこともありませんが心の支えでもあります。

 私の祖父は平成4(1992)年3月に亡くなるまで新宿区常円寺の住職をしていました。日蓮宗僧侶の最高位である大僧正にもなり身延山のお役や立正大学の理事長や京都にある本山の貫首を勤めるなど、戦後の宗門をリードした一人であると思われます。そんな「おじいちゃん」に可愛がられた孫ですから祖父にともなわれて身延山や日蓮宗宗務院などに鞄持ちで同行しました。狭い寺の世界ですから、「あなたのお祖父様には大変お世話になりましたよ」と言われ、恐縮してしまうことも度々でした。子供の頃、京王線に乗って八王子から新宿まで行くのですが、新宿駅に電車が着いたとき、「常円寺〜 常円寺〜」と大きな声で言って親を恥ずかしくさせたことをぼんやりですが覚えています。

 父には私が大学を卒業して正式に僧侶になる時に、あらためて師匠になっていただきました。原始仏教・上座部仏教の経典に使われているパーリ語を翻訳し研究しています。本立寺から常円寺、そして千葉県多古町の本山日本寺、さらに松戸市の本山本土寺を転々とし、それぞれの立場でも新たに事業を起こすということはほとんどせず、ただそこに集う人が自然に和やかになる、という様子を時折垣間見ましたが真似のできないことです。80歳を過ぎてもなお盛んに八王子の寓居で研究に没頭し、平成21年9月に出版した村上真完氏との共著『パーリ仏教辞典』では出版元の春秋社が「第46回 翻訳出版文化賞」を受賞。平成24年8月に日本印度学仏教学会より『鈴木学術財団特別賞』を受賞されました。

 私は平成8(1996)年1月末より八王子市川口町にある延寿院の住職になり、以降22年が経ちました。延寿院は江戸時代享保年間に蓮華寺の塔頭として現在の文京区小石川白山に創立されました。戦前・戦中・戦後の都市化による都市計画や戦災により一時豊島区雑司が谷に疎開していたこともありましたが、昭和42年に発展を企図して八王子の現在地へ移転しました。私は八王子生まれですが、そうは言っても全く知らない土地に来て、お寺の歴史もお檀家さんの一人も知らず、という所からの出発は大変勉強になりました。周囲を散策してみれば分かるのですが、これ程素晴らしい所もそうそうありません、ここで生まれた者でないだけに、良い所と不足していることに気付けたのだと思っています。新宿常円寺の執事長を兼職しながら、都鄙のお寺のあり様の違いを感じること(※1)もできました。

 偶然にも「東日本大震災」の直前に『東京里山墓苑』を開苑し、東京では初の樹木葬墓所の運営を始めました。ほぼ同時にNPO法人ロータスプロジェクトを設立し代表となり、環境保全活動(里山保全)をし、寺院を一つの場としたコミュニティの再生、『シネマ』『マルシェ』『ヨガ』などのワークショップを定期的に開催し、フリーペーパーの発行を始めました。寺や環境に経済の循環をもたらし、今現在の課題に気づき解決し持続可能な社会をめざすという、壮大な存在意義を掲げました。従って課題は無尽にあり、日々その解決方法を模索し協力者たちとともに働いています。

 平成29(2017)年6月からは新たに京都市上京区の法音院住職を兼任しました(※2)。この寺は大本山妙顕寺塔頭として700年の歴史を有するものの、借金まみれで建物は廃屋同然、檀家は離散し0軒でした。「宿坊」による復興を目指している最中であります。

 そして、平成30(2018)年4月からは更に生まれた寺である八王子市本立寺住職と隣接する明月教会担任をも兼任することとなりました(※3)。「故郷に錦を飾る」とも言えるのかもしれませんが、私にはそんな余裕は全くありません。久しぶりに住むことになった町はかつて私が楽しく遊んでいた街とは様変わりで、商店の殆どは世代交代が進まず閉店となり、路地に遊ぶ子供の声は聞こえてきません。どこの街も同じような傾向なのでしょうが、幸いにも寺に御朱印を受けに来るかたが毎日数名はいらっしゃいます。時代や社会の変化の中で、今までの経験を活かし、新たな実験を開始していきます。基本となるのは、『檀家第一』で祖霊への日々の供養と行き届いた掃除をしてまいります。

 私は理念を具現化する意味での代表であり、フィールドを提供するお寺、本立寺・延寿院・法音院・明月教会の住職であります。お釈迦様は「世界は素晴らしい」と言われました。世界とは人間のためだけにあるのではありません。全ての生命には消長があり有限でありますが、同一種の生命の中ではつながりが続くかぎりは燈火が消えるということはありません。しかしただ一種だけで過ごせるかといえばそれは不可能です。世界とはつながっているからすばらしいのです。現代社会では「環境」「災害」「自死」「貧困」など様々な問題があり、これらを一つの問題として扱ってまいります。それは人間の問題だからです。日々変化し、新たに起きる問題を根本から見つめ、そして解決していきます。その為の具体的な場を太古から人間が自然と共生してきた里山や街に求め、そこを人間の安住の地とすることであらためて生を見つめなおす機会となり、傲慢ではなく謙虚に生きることとなり、その行為がその周りの方々をさらに幸せにすることとなるはずなのです。私は今ある社会の課題をつみ残さず一つ一つを着実に解決していきながら、いま責任を負っているこの場において、多くの方が「安心」で「憩い」と感じられる空間を造ってまいります。

※1 NPO法人ロータスプロジェクト及び東京西部教化センター・東京教化伝道センターによる活動

1、多摩産材木材活用による循環型社会の実現
 ①国産材「杉」塔婆普及活動(廃塔婆を燃料にバイオマス発電を導入)
 ②庫裡建築に国産材「杉」を利用
 ③樹木葬墓苑を開設し、骨壷に「杉」を利用
 ④障害者福祉施設「山の子の家」による国産材「割り箸」の販売

2、「東日本大震災」など被災地復興活動
 ①被災住宅・寺院からの泥出し
 ②避難所における傾聴活動
 ③慰霊法要の実施

3、自死者追悼法要の実施
 ①「僧侶の会」による毎年12/1「いのちの日」法要を補助
 ②東京教化伝道センターによる毎年5月初旬の「いのちの日」法要を主催

4、新宿常円寺を場とした活動
 ①フリーペーパー『LO+』を年4回発行
 ②「生きる」をテーマにした映画会『ロータスシネマ』を年6回開催
 ③マルシェ『寺市』を年3回開催
 ④ヨガ教室『ロータスヨガ』を月2回開催

※2 超高齢化社会を迎えるにあたっての寺院の存続、新たな社会的意義を見出す
 ①地方の過疎化
 ②寺院の統廃合
 ③新しい寺院の存在
 ④本山の維持法
これらを前提としながら、由緒はあるものの老朽化した建物、檀家0からの『宿坊』とメンバーシップによる『樹木葬』を展開

※3 八王子という衰退する地方都市にあって、450年の歴史、800軒の檀家、1万坪の所有地(142軒の借地人)をして、街づくり寺づくりを行う
 ①境内を『公共空間』へ 「安心」な「憩い」の場へ と整備
 ②旧参道の整備(借地人へ協力をあおぐ=住宅の生け垣、街灯整備)
 ③正門袖塀の耐震化及び格調のある塀へかけ換える
 ④新たに街の中に『寺ショップ』を運営
 ⑤『寺ハウス』や『図書室』を開設